YouTuberヒカル「牛宮城、完全撤退。」

トレンド

見出し1

金持ちYouTuberことヒカルの口から宮迫博之と共同経営し、立ち上げようとしていた焼肉店「牛宮城」の完全撤退を2021年12月11日に公言した。この経緯について探っていく。

小見出し1

ヒカルのYouTubeチャンネルで初めて牛宮城が公開されたのが2021年9月28日、「ついにお披露目…ヒカル宮迫の焼肉屋、牛宮城が完成しました」というタイトルで公開された。

初入店したヒカル、宮迫博之は内装に驚きを隠せずとても良い印象を残していた。細部までこだわりが施しており、有名な画家に絵画を依頼し、大きなインパクトのある絵画を複数枚店内に飾っており非常に満足している二人の顔が伺えた。

内装をひと通り確認した二人は席に着き、完全に完成したフルコース料理では無いものの、現在提供できる範囲のフルコースを味わってコメントをするのだがここでヒカルと宮迫博之の二人の顔が曇る。

見出し2

お肉をただ水の上に浮かせただけのデザインや大きな塊の肉をただ皿に乗せるだけの演出にヒカルは「センスが無い」と辛辣なコメントを残し、多くの改善点を見つけ、二人は牛宮城を後にした。

小見出し2

だが約3ヶ月後の2021年12月11日、ヒカルのYouTubeが更新され、動画内で完全撤退を公言した。その動画はこちら→https://youtube.com/watch?v=vTUwv4HIcMk&feature=share

初入店した時からヒカルは改善点の多さに失望しているように思えた。動画の最後に二度とあの敷居を跨ぐことはないと発言している。語っていないが正直、この店を成功させるのは難しいことだと判断したのだろう。

タイトルとURLをコピーしました